ガクトの収入源はマレーシアへの移住サポート!胡散臭いと噂の副業も一挙公開・・実家がマフィア説はシロか

4月16日放送のバラエティ番組『人生で大事なことは〇〇から学んだ』(テレビ朝日系)に出演したGACKT(43)。
なんとテレビ初公開となるマレーシア・クアラルンプールにある自宅を初公開し話題になっている。

今まで私生活は謎に包まれていたGACKTであるが、最近では私生活をメディアで切り売りするようになってきており、今回の海外移住も金銭的な悩みがあって物価の安いマレーシアへ拠点を移したのではないかとも言われている。

そのGACKTの知られざる私生活についてまとめてみた。
 
 
[sp]
スポンサーリンク

[/sp]

[pc]
スポンサーリンク

[/pc]
 

マレーシアにある自宅は・・・

 

5年も前からマレーシアで生活をしていたというガクト。
古い寺院と高層ビルが交差する「クアラルンプール」でどんな生活をしているのか?

 

クアラルンプールの高級住宅街に住むガクトの自宅は
まるで美術館のような広い敷地内にあり、1600~1700平米。

 

その大きさは約25mプール5個分。
日本でいう田園調布のような閑静な住宅街である。

 

1年前に引っ越してきたが、クアラルンプール在住歴はもう5年。
クアラルンプールにきて4軒目の家だそう。
東京だと30億くらいするというその豪華な家は誰もが驚くであろう。

 

クアラルンプールだけで500軒は内見をしているというガクト。
家だけでなくその周りにある森一体もガクトの敷地だそう。

 

クーラーがないところに気にいったそうで、家の中が全部外になっているという。

 

 

物価の安いクアラルンプールへ

 

マレーシアに移住してもう5年・・・
国籍は日本にあるが、1年の6割はマレーシアにいるという。

 

マレーシアは、
10年連続ロングステイしたい国ナンバーワン。
気候もおだやかで月の最高気温も29度、平均は22~23度と過ごしやすい。
思っているほど湿度もなくてジメジメ感はまったくない。

 

魅力的なのは、とにかく物価が安いこと。
物価は日本の三分の一であるため、それほどお金をかけなくても
メイドをつけたり運転手をつけたりと豪華な生活は十分に送れる。

 

なぜマレーシアに移住したのかというと、

 

30代の頃は仕事しかしていなく、振り返ると何も想い出がなかったそう。

これだとこのまま人生が終わってしまうと思い
ゆっくりと人生を過ごそうと思ったのがマレーシアに移住したきっかけと語っていた。

 

都心から車で30分ほど進んだところに大豪邸があり、
家の中には池があり鯉も泳いでいる。

広すぎる自宅には、
ガクトの仕事メンバーやお姉さんも住んでいるという。

 

現在家の中はリフォーム中であり撮影はできなかったが
写真で見る限り家の中が外というまるでリゾートホテルのような家。

 

オーストラリア人の建築家が以前は住んでいただけありとてもオシャレ。
リビングにはバーカウンターも備えている。

 

確かにこんな良い雰囲気なら、落ち着いた生活ができそうである。

 

 

クアラルンプールでの生活

 

 

バンサーショッピングセンターに週1で買い物にくるというガクト。
食にこだわるガクトは品質がよいナッツを買いにくるそう。

 

1日1食のガクトは身体をキープするために
炭水化物は一切食べずに野菜、魚、肉、ナッツなど。

 

多民族、多宗教、多国籍が特徴のマレーシアは、
お互いの主張だけではなくお互いを認め合って共存している国。

 

マレーシアで生活をすることで改めて「人間」としての
生き方や考え方を見直したというガクトは、

はじめて日本人ってこうなんだと感じたときがあったという。

 

あるときマレーシアのジムで懸垂の棒がひとつしかなくて、
しかし懸垂の棒の下で「まったく関係のない腕立て」をやってる人がいた。

 

Bさんが懸垂をしたく先にいて腕立て伏せをしていたAさんに懸垂のところ貸してもらってもいいかなと話すと、AさんはNOと即答をしたそう。

するとBさんはOKと言ったそう。

 

もし日本であれば「譲り合いの精神」が先行され、
譲らなかったAさんは悪者になってしまうであろう。

 

しかし、マレーシアでは「NO」という考えがあり、それも受け入れられる。

Bさんにとっては、先に使っているAさんに対してのリスペクトもあるそう。
このやり取りを見てたときに、
僕ら日本人は「NOの答え」を用意していないなと思ったそう。

 

日本人はNOと言われることに慣れていないという事もあり、
NOと言える生き方もしていかなければと思ったガクト。

 

すっかりマレーシアの魅力に取り憑かれているようだった。

 

 

▼マレーシアで会社経営・・・その目的

 

 

また、ガクトはある会社の経営者でもある。
都心の一等地にオフィスを構えており、そのビルは東京だと「六本木ヒルズ」にあたるそう。

 

ガクトと、パートナーの会社を合同で経営しており、
その人物は物件探しや移住に必要な手続きをサポートしてくれた恩人でもあるそう。

 

そんな仲から、一緒に会社を立ち上げ、
・まつ毛エクステサロンの経営
・マレーシア移住時のコンシェルジュサービス
・投資サポート
などを行っているそう。

 

 

今回のガクトのマレーシア移住をテレビでぶっちゃけたのも、
やはりこの放送をキッカケにマレーシアへの移住を決める人向けの
アピール&ローンチでもあるとも考えられる。

 

タレントであるガクトが表に立って広告塔となり、
もうひとりのビジネスパートナーが実行部隊となる。

 
[sp]
スポンサーリンク

[/sp]

 

ガクトの投資失敗

 

 

また、ガクトは過去に投資に失敗をしており、
東京の高級住宅をすべて売却してしまっている。

 

そんなキッカケもあり、ある意味それを起点として
物価の安いマレーシアへ移住するようになったのではないかとも言われている。

 

 

一時期はその投資をメインに仕事をしていたこともあり、
アーティスト活動は二の次にしていた部分もあり、アーティストとしての収入はあまり見込めていない。

 

さらにメインの柱としていた投資事業も失敗に終わってしまい、
今はそれを回収するために更に本業であるアーティスト活動は行わず、サイドビジネスを展開しているようにも思える。

 

 

最近ではバラエティ番組にちょくちょく出るようになり、
私生活を明かしていく部分も増えたので、どうやらマレーシアでの事業のためにタレントとして広告塔になっているのであろう。

 

今後も、今までは謎だった生活、ガクトの生態をぶっちゃける場面も増えるのであろうか。
ファンとしては嬉しいことであるが、ガクトの今後のマレーシアでの事業展開についても注目が集まっている。

 
 
 

▼参考記事▼

浜崎あゆみが太った原因は酒と男!Mステに登場した浜崎あゆみに「ひどい…」という声が多数…その体型を作った生活ぶりとは

清原の後見人が突然死・・誰も知らない謎の死の背景に女性問題?清原は毎晩酒に明け暮れ糖尿病が悪化

村主章枝がヌード写真集『月光』発売。画像を見たファンは「美しすぎる」「キレイになった」
 
 
 

コメントは受け付けていません。