AKB紅白の順位に宮迫博之「指原ファンは金持ちで、他は人数は多いけど一人ひとりが貧乏なんですね」発言←よく言った!富裕層パワーやべぇぇぇぇ!

2017年1月6日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)にて、
NHK紅白歌合戦<夢の紅白選抜>について取り上げられる企画があった。

 

 

今回の選挙で1位になった山本彩(23)もトークに加わり、
紅白選抜の舞台裏をぶっちゃけトークをした。

 

そこで進行をつとめた雨上がり決死隊の宮迫博之(46)は、
選挙の結果を見て

 

「指原さん以外のヲタはみな、ひとりひとりが貧乏だったんですね」と発言、

 

その言葉が多くの共感を生むと、話題になっている。

 

そう、宮迫博之の言うとおり
しいてはそういうことになる。

 

そこで今回は、今までのAKB総選挙による投票の違い、
そして紅白選抜から分かるメンバー間の本音についてまとめました。

 
 
 
[sp]
スポンサーリンク

[/sp]

[pc]
スポンサーリンク

[/pc]
 
 

1位は山本彩!指原莉乃を破ったことで一気に話題に

 

第67回紅白歌合戦に出場したAKB48。

 

今回はパフォーマンスの中での特別企画もあり、
その名も「夢の紅白選抜」

 

なんと歌と歌の間に、
選抜メンバーの総選挙発表を行い、
48人中⇒上位16位までのメンバーが最後の1曲を歌えるというもの。

 

歌と歌の間奏中に発表されることもあり、
もちろんメンバーは本番まで自分の順位を知らない。

 

その呼ばれた順位によっての立ち位置で
踊りもしなければならないのだ。

 

そんなこんなで話題になったのが、
山本彩(23)と指原莉乃(24)の一騎打ちである。

 

2016年の紅白では31番目に登場したAKB48グループ。

 

上位48人で『RIVER(2010年)』を熱唱。

 

そして2曲目は『フライングゲット』が流れるなか
上位16位から1位までを発表し、

 

1位を獲った
山本彩は『君はメロディ(2016)』をセンターで熱唱。

 

一方の指原莉乃は、2位となったのである。

 

1位に選ばれた感想を山本彩はこう言う。

 

「自分が呼ばれることを想像していなくて
 とにかく、もうずっと緊張していた。

 

実際にスタッフさんに聞いても
もちろん順位は教えてくれないし。」

 

ちなみに、本番まで自分の順位は知らないため、
紅白のリハーサルは、
前回の総選挙の順位で行っていたそう。

 

メンバー各自も、自分が何位に選ばれるのか分からないため、
基本的にはどのフォーメーションでも対応できるように
それぞれを覚えていたそう。

 

それを踏まえ、一発本番で行ったパフォーマンスだったのだ。

 

1位を獲れる自信はあったかと聞かれると、

 

「期待は、普段の選挙とは違ったシステムだったので
 可能性はあると思っていた。」

 

と素直に答えた。

 

▼いつもの総選挙との違いとは?

 

そして今回の紅白選抜でよく言われているのが
「指原莉乃の化けの皮が剥がれた」ということだ。

 

どういうことかと言うと、
その根本は「総選挙の仕組みの違い」に行き着く。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
【AKB48選抜総選挙】
⇒1人のファンによる大量投票が可能

 

【AKB48夢の紅白選抜】
⇒1端末1票まで(1人1票だけ)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

つまり、1人あたりが投票できる票数に違いがあるのだ。

 

今回は、紅白の公式アプリとの連動と
データ放送との連動であったため、
ひとりのファンによる大量投票が難しかったそう。

 

▼1人1票の仕組みで何が分かるのか?

 

⇒純粋なファンの、実際の数が分かりやすい

 

そう、1人1票制にすることによって分かるのは、
純粋なファンの数である。

 

1人が大量に投票するのは、実際のファンの数には相当しないので
公平性について問われると疑問が浮かぶ。

 

そのため、今回は新たなルールとして
1人1票制が取り決められた。

 

それにより、順位に変動があったという結果になったのである。

 

というのも、これは有名な話であるが
指原莉乃は海外からの支持が多くて、特に中国の富裕層のファンは格別。

 

その人の大量投票がとにかく凄いんだとか。

 
[sp]
スポンサーリンク

[/sp]
 
 

▼国内の投票しか受け付けない仕組み

 

さらに今回は、国内のみ投票可能な仕組みであったため、
噂されている中国の富裕層の方々は投票が出来なかったもよう。

 

これにより、更に選挙の公平性が磨かれたことになる。

 

ちなみに、今回2位に落ちてしまった
指原莉乃に感想を聞くと…

 

「私のファンはお金持ちばかりで、
ファンの数は多くないと思われていたので
2位は正直気持ちいい。」

 

と、自身でも大量投票による
順位の公平性については考えていたコメントを。

 

これについてネット上では、

 

●AKBの世代交代に希望を感じた。若手メンバーの躍進は本当に嬉しい!!
●総選挙が八百長なのが完全にバレたwwwwwww
●総選挙における指原の20万票が中国の金持ちによるものって、、、こと???どこの誰ww

 

と、その結果について「遂に真実が明らかに」との声が多数。

 

●てゆうか中国パワー凄すぎワロタ
●でも指原もテレビで言ってたけど「わたしの握手会は2割が中国の方。」って言ってたよ。
●指原もまゆゆもバックには中国の極太客がいるんだよね?
まゆゆが1位になったときは180万元(約3000万円)を投下、
15万9854票のうち3万5000票を与えたことになるってテレビが言ってたwwwどんだけwww

 

雨上がり決死隊の宮迫博之は、

 

総選挙圏外のメンバーが6位に入ったことも見て、

 

「指原さんのファンはお金持ちで、
それ以外のメンバーは、数は多いけどみな貧乏ということなんですね」

 

「大量には買えないということですね。」

 

と発言。

 

しかし、それでも2位に輝いたことに対しては

 

「これは両得(お金持ちファンもいて、いなくても2位)ですから、大自慢ですからね」

 

とすかさず釈明。
宮迫博之の発言は妙に納得でき、
信憑性のあるものであったためネット上では共感の声が高まった。

 

実際に今回の1人1票制・国内のみという基準を設けての
紅白選抜は、今まで圏外であったメンバーが16位以内に入ったりと
とても意外な結果を残した。

 

これにはファンだけでなく、
一般の方々も「こういうのは面白い!」と話題になった。

 

今年も総選挙は行われる予定であるが、
今回の「紅白選抜」の結果を見て、どのようなルールで開催されるのか注目が集まる。

 

▼山本彩 AKB48 紅白対抗歌合戦 2016 紅白総選挙の舞台裏生激白はこちら!

 

リンクボタン

リンク先のタイトル

リンク先の説明文

 
 
 

▼関連記事▼

 
 
 

コメントは受け付けていません。