西内まりや主演月9・ワースト記録で打ち切りも。深夜ドラマにまで負ける現実と相葉雅紀へのプレッシャー

2月27日放送の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)の第6話が、
平均視聴率5.0%だったことが明らかになった。

 

これは月9史上最低視聴率であり、このまま打ち切りもされるのではと話題になっている。

 

スポンサーリンク


 

毎週のように月9史上最低視聴率を更新中

 

 

何かと視聴率低迷している月9ドラマであるが、
特にこのドラマに関しては月9史上最低視聴率を更新し続けている現状だ。

 

つい先週2月20日放送回は6.2%で、月9史上最低を更新。

 

 

ここで視聴率は止まるかと思いきや、
何と今週27日放送回は、前回を1.2%も下回る5.0%を更新。

 

 

またまた月9史上最低視聴率を更新してしまったのだ。

 

 

この数字は、深夜枠ドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)にも負けてしまうほど。
あの月9ドラマが、まさかの深夜ドラマにまで負けてしまうとは、
相変わらずの不振ぶりが顕著に出てしまっている。

 

 

月9ドラマがこのようにニュースで取り上げられるのも、
「視聴率不振」という話題がもっぱら。

 

次はまた最低視聴率を更新するのでは、とみられてしまっているのだ。

 

▼関連記事▼

西内まりや主演・月9ドラマの視聴率が低いわけは「相手役・山村隆太との不仲」が原因だった

 

 

 

逃げ恥を意識し過ぎて、逆に低迷??

 

 

 

今回のドラマの視聴率が伸びない理由、
やはり大きな理由は「内容の面白さ」ではないだろうか。

 

 

一般OLと、人気イケメンキャスターの恋愛模様を描くラブコメディであるが、
演出・脚本・キャストがいまいちパっとしないと言われている。

 

 

当初は歌手のflumpoolが初めてドラマ出演をするということで
話題にあがったが、その話題もすぐに撃沈。

 

昨年末に社会現象まで起こしたお化けドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)を
意識していると言われており、

逃げ恥フィーバーに伴って、月9ドラマもその流れに乗るはずだったがそううまくはいかなかった。

 

 

例えば深夜枠の『奪い合い、冬』(テレビ朝日系)は、
深夜という遅い時間帯の放送であるがドロドロした展開と、
水野美紀や三浦翔平の怪演技が話題になり、

「怖いけど、続きが気になる」と視聴者にウケている。

 

 

ただ、やはり金曜日の深夜枠であるため
これがもし月9のようなゴールデンタイムに放送されていたら
かなりの視聴率を期待できたのかもしれない、とまで言われているほど。

 

 

月9としては、この深夜放送のドラマと比較されてしまうこと自体、
元も子もない話であるが、

やはり話題性という面では、深夜枠に負けてしまっている。

 

 

そして現実も、視聴率でも負けてしまっているほど。

 

 

フジテレビ月9ドラマは、出演者にも人気がない?

 

 

こういった状況に頭を抱えるフジテレビであるが、
それ以上に頭を抱える問題もあるという。

 

それは、キャストの抜擢。

 

 

これまで月9は、このドラマだけに限らず
立て続けに視聴率の不振が続いている。

 

そのため、世間ではもはや「月9は面白くない」というイメージが付いてしまっている。

 

そのため、キャスト交渉をするさいも、
事務所側から断られてしまうことも多くなってきたという噂もある。

 

 

「低迷が続いている月9ドラマに出すと、そのタレントのイメージも下がってしまうから」
という理由で、タレントにレッテルが貼られてしまうのを事務所側も恐れているようだ。

 

 

 

そのため、フジテレビとしては何とか豪華キャストや話題性のあるキャスト推薦をしたいが、
もうそういってイメージが付いてしまっている月9にはなかなか出てくれないというジレンマもあるとのこと。

 

 

『明日婚』は、さらに視聴率が低迷する?

 

 

そんな視聴率低迷に悩まされている明日婚であるが、
視聴率は今後さらに低下し4%台までも行くのではと言われている。

 

もはやドラマの展開が気になるというわけではなく、
視聴者が気になるのは「どこまで数字が落ちるか」ということ。

 

 

しかし、あまりにも視聴率が低下すると、もうついには「打ち切り」の話もあるという。

 

 

残りは3回以上残っているはずであるが、
いくら月9だからといってこの重要なゴールデンタイムを有効活用しなければならない。

 

 

フジテレビとしても、もはや『明日婚』の視聴率を上げようという考えではなく、
次のクールの月9を盛り上げようというほうに気持ちが向いてしまっている。

 

朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)でも、
番組の公式LINEで、次クール始まるドラマの情報を早く配信してしまうというミスもあった。

 

特に次の回は嵐の相葉雅紀が主演ということで
かなりの期待が寄せられている。

 

 

相葉雅紀は固定ファンもおり、バラエティ番組でも視聴率を取れるトーク力があるため
色々な年齢層から支持されている。

また、昨年の『紅白歌合戦』(NHK)でも司会をつとめており、話題性は抜群。

フジテレビはもはや次回のドラマにすべての期待を寄せてしまっている様子が伺える。

 

▼関連記事▼

相葉雅紀の月9ドラマ『貴族探偵』は大丈夫?フジ、ジャニーズ事務所・最後の救世主に寄せられた過度な期待

 

 

 

これについてはネット上でも、

 

 

●もう次回の相葉くんドラマに力を入れてて、明日婚は見放されてしまってる感じ
●相葉くんかなり期待されてるから、プレッシャーだろうなあ
●もはや明日婚がどこまで視聴率下がるかのほうが楽しみだし、気になる

 

 

という声も多い。
視聴者も、明日婚がすでに次回クールのドラマに押されてしまっていることを
認識しているのだ。

 

 

 

地上波では最低→ネット配信では月9史上最高を更新

 

 

しかしそんな明日婚であるが、
なんと驚くべき数字をたたき出しているという現実もある。

 

そう。それは、ネット配信ではなんと月9史上最高記録を更新しているのだ。

 

 

地上波では見られていないが、
後日配信されるネット上の配信では、月9最高記録をたたきだしている。

 

 

これは、時代が進むにつれてドラマの見方も変わってきているのでは、
という仮説も立てられるので非常に興味深い結果である。

 

そのため、地上波が伸び悩んでいるからといって
人気がないという一方的な見方は少し短絡的なのかもしれない。

 

 

しかし、やはりなんだかんだドラマは、企業のスポンサー料がメイン。
地上波の視聴率も、ネット配信の記録も、すべてはスポンサー企業の判断で結果は出される。

 

 

一部では、この明日婚は共演者同士の不仲が原因とも一部では言われているため、
今後のキャスト陣のモチベーションも、ドラマ打ち切りには深く関係してくるだろう。

 

今後の明日婚の視聴率と、次回クールの相葉雅紀のドラマに注目が集まる。

 

 

 

▼参考記事▼

月9『貴族探偵』で大忙しの相葉雅紀に「大丈夫?」の声。肉体的にも精神的にも勝負作品となる、周りからの期待

西内まりや主演・月9ドラマの視聴率が低いわけは「相手役・山村隆太との不仲」が原因だった

相葉雅紀の月9ドラマ『貴族探偵』は大丈夫?フジ、ジャニーズ事務所・最後の救世主に寄せられた過度な期待

 

 

 

コメントは受け付けていません。