『マツコの知らない世界』で紹介!600軒食べ歩きをしたグルメ家おすすめの築地ご飯!日曜日営業&朝ランチあり

4月18日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)で紹介された【築地超厳選食べ歩き特集】が話題になっている。
「築地ホッピングの世界」というテーマで、ゲストには築地に通い詰め人生を捧げたというつきじろう&なべひろさんのお二方が登場。

築地にある飲食店600軒以上を食べ歩いたふたりが厳選した、究極のお店とそのメニューをご紹介します。
築地に行ったときはぜひ行ってみてくださいね。
 
 
[sp]
スポンサーリンク

[/sp]

[pc]
スポンサーリンク

[/pc]
 

▼長生庵

 

創業46年の老舗。
銀座の高級割烹と同じ問屋から仕入れているので本物です。

 

●姫小鯛の天ぷら500円/1枚あたり(税込)

 

流通が珍しく一般のお店は取り寄せもできないそう。
今の時期は春野菜の天ぷらもおすすめだそう。
良質な油を使っているので食べやすく身体にも良いそうです。

 

●天然本マグロ赤身漬け刺し1,500円(税込)

 

この本マグロは日によって食べられるためとてもレア!
なんと一週間たっても色がまったく変わらないという超上物でもあるそうです。

 

 

【長生庵】のHPはこちら
http://www.tsukiji.or.jp/search/shoplist/cat-d/cat-14/290.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京都中央区築地4-14-1 モンテベルデ築地

TEL:050-5589-6518(食べログ)

営業時間7:00~15:00/17:30~23:00

定休日:日祝日

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

▼つきじ芳野吉弥

 

なんと穴子専門店であり、日曜も営業しているというお店。
穴子のぐるぐると、穴子重ばかしあいが紹介されました。

 

▼穴子のぐるぐる650円

 

ぐるぐるは、ヒレにお肉を付けて塩焼きにしたもの。
パリッと香ばしいヒレと、弾力のある柔らかい身が何とも言えない食感です。

 

 

▼穴子重ばかしあい2,400円

 

なんと砂時計で1分蒸らすというところがキモ。
煮穴子と焼穴子の両方が味わえるのでおすすめです。

ふわっふわの食感にマツコさんも絶賛でした。
なんとお弁当でテイクアウトも出来ます(要予約)

 

 

【つきじ芳野吉弥】HPはこちら
http://tsukijiyoshino.com/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

〒104-0045
東京都中央区築地6丁目21-5

TEL:03-6278-7079

月~土ランチ9:30~15:30
ディナー17:00~20:30

日&祝ランチ9:30~15:30

定休日:水曜&木曜

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

▼築地ボン・マルシェ

 

 

築地流イタリアンを創るというコンセプトのイタリア料理店。

テレビで取り上げられたメニューはこちら!

 

●築地スティックピザ350円(税込)

 

相当よい生ハムをガツっと食べたいときにおすすめのメニュー。

ガブッと大きい一口で食べるのがおすすめだそうです。

ピザには珍しく生地を油であげており、
イタリアパルマ産生ハムを使用しています。

食べるとカリっとした食感で、
マツコさんは「揚げパンのような食感でいい!」と絶賛していました。

 

 

●ミネストローネ100円(税込)

 

お店はお魚だけではなく野菜にもこだわっており、
新鮮な野菜がゴロゴロ入ったミネストローネも食べたい一品。

さらにダシは、生ハムからとったダシなので、
これまたちょっと変わったテイストのミネストローネになります。

そしてさらにこのお店には2階もあり、
メニューも変わっているそう。

 

●本マグロの大トロのウに巻き2,894円(税込)※2個入り

 

和食に見えるがイタリアンのテイスト。
大葉も一緒に食べるとサッパリとした風味になるそうです。

 

 

【築地ボン・マルシェ】HPはこちら
https://tsukijibonmarche.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

〒104-0045
東京都中央区築地4-7-5 築地KYビル2F

TEL:03-3541-9341

営業時間11:30~22:00(月~土)
定休日:日・祝日

■ ランチ・カフェタイム
11:30~15:00 (L.O. 14:00)
■ ディナータイム
18:00~22:00 (L.O. 21:00)

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

▼魚や粋

 

実際に使っているテーブルがクリアテーブルになっており、
その下には今日採れたばかりの新鮮な魚介類が並んでいて
見た目にも楽しいお店。

 

築地流の屋台を表現したお店だそうです。

 

天然ものにこだわりぬくお店で、
昼は魚屋さん、夜になると居酒屋さんに変身します。

 

店内のショーケースにある魚を、
そのときのベストな料理方法で仕上げて出してくれるので、
一番美味しい食べ方で味わうことが出来るのです。

 

番組内で紹介された一品はこちら↓

 

●めかじきの煮つけ1,080円(税込)

 

その日にとれた新鮮なめかじきをすぐにさばいて煮ている為、
身が固くならないそう。

美味しければそのまま購入して帰宅することもできて、
会社帰りのOLさんがフラッと魚だけ買いに来ることも多いそうです。

 

 

●タイやエビ、アサリのダシをふんだんに使ったスープカレー880円(税込)

 

タイ、エビ、アサリ、イカなど
5~6種類の魚介類を煮込んで作っており、
魚介類はすべて天然のものを使用。

普通のカレーとは違って
インパクトが強いのでヤミツキになる味だそう。

「ダシがしっかりときいている」という意味で
インパクトが強いと表現しておられました。

しかしこちらのお店、予約は出来ないそうなので、
直接お店に行くしかなさそうです。

 

【魚や粋】HPはこちら
http://gofish.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京都中央区築地4-7-5築地KYビル1F&BF

TEL:03-3545-5552

営業時間17:00~22:00(L.O. 9:30pm/土 8:30pm)

定休日:日・祝日

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
[sp]
スポンサーリンク

[/sp]
 

▼天まめ

 

 

なんとここは、テレビ初登場のお店。
築地のおすすめ甘味処です。

 

コンセプトは「海を固めて召し上がれ」。
そう、お店の名物は店で毎日作られる豆寒天なのです。

 

この寒天は、神津島産の最高級天草を使用しており、
とにかく風味が特徴的だそう。

 

プリっとした弾力は歯ごたえも良く、
そのまま食べても美味しいそう。

 

●てんまめ880円(税込)※数に限りがある

 

マツコさんの感想はというと、

「海を固めたいう意味がわかる味。
浅瀬で海水と草を一緒に食べた感じ・・・」

 

と独特な味にびっくりしていました。

 

 

「本当に海の味がする!」と大絶賛されていました。

 

この豆寒天は、
保存料が一切使われていないため後味がよく食べやすいのが特徴。

 

 

自然なもので作られているため余分なものも入っておらず、
身体にはとても良いらしくデトックス効果もあるそうです。

 

採りたて一番を食べたい場合は、
朝11時から作っているのでその頃を見計らって入店するのがおすすめです。

 

 

【天まめ】HPはこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13168055/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京都中央区築地2-8-1 築地永谷タウンプラザ 107

営業時間7:00~19:00
定休日:日曜

TEL:03-6264-0782

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

築地はお店の種類も数もたくさんあるので、
どのお店を選んだらいいのか分からなくなってしまいがちですよね。

そんなときは、ぜひこの600件以上食べ歩きをしたお二方が大絶賛するこのお店に行ってみてはいかがでしょうか?
もしよろしければ参考にしてみてください♪

 
 

▼関連記事▼

平野レミの斬新すぎるレシピにマツコも驚愕…放送事故レベルの、あのブロッコリーも登場!!

村主章枝がヌード写真集『月光』発売。画像を見たファンは「美しすぎる」「キレイになった」

 
 
 
 

コメントは受け付けていません。