石田ゆり子が47歳になっても「かわいい」のはなぜ?美肌・スタイルキープの秘密は食生活にあった!

「奇跡の47歳」と呼ばれている女優、石田ゆり子(47)。

彼女を見たあとに年齢を聞くと驚愕する人が多いほど、その美貌は確かなものである。

 

そんな石田さんの、年齢に劣らない美しさの秘密は、
毎日の食生活が深く関係している。

 

そこで今回は、石田ゆり子さんが普段食べている食事と
そのレシピについてご紹介します。

 
 
[sp]
スポンサーリンク

[/sp]

[pc]
スポンサーリンク

[/pc]
 

▼豆乳シェイクを毎晩飲む

 

 

大豆たんぱく質(必須アミノ酸配合)のパウダーを豆乳(無調整)に加え、
シェイカーで混ぜたものを毎晩飲む。

 

 

石田は「とにかくタンパク質は大切。健康にも美容にも」と
自身が身をもって実感したタンパク質の凄さについて語っている。

小さいグラス一杯程度でいいそうで、これなら毎日続けられそうですね。

 

 

 

 

▼ふわふわ納豆オムレツ丼

 

 

 

これは15年前から十八番となっている定番料理だそう。

 
 
 

手軽に食べられてパパっと作れるのも嬉しいポイントですよね。
大豆パワーを実感している石田さんは「納豆と玉子」をうまく使っています。

 
 
 

そしてよくインスタグラムにも出てくるのが「玉子」
玉子も毎日食べるそうで、美肌の秘密はここにもありそうです。

 
 
 
 
 
 

============================

 
 
 

▼石田ゆり子流、ふわふわ納豆オムレツ丼のレシピ▼

 
 
 
全卵二個と納豆(ひき割り)1パック、

 

アサツキ又はネギ(細かく切る)を好きなだけ、をボウルに入れ混ぜる。
オリーブオイルを少し、熱したフライパンに流し込み、
フライ返しで空気を含ませながらふわふわになるまで火を入れる。
あくまで「ふわふわ」を保ちつつ、
頃のいいところでで火を止めて完成。

 
 
 

お醤油ではなく、ゆずぽんをかけて食べるところがポイントだそうです。

============================

 
 
 

これは女優仲間であり大親友の板谷由夏(41)も自宅で実践し、
インスタグラムに作った様子をアップしていた。

 
 
 
子供に作ったところ、大好評だったらしいです!

 

 

 

 

 

 

 

 
[sp]
スポンサーリンク

[/sp]
 

 

▼疲労回復には「だし」がきく

 

 

 

疲れたときは「だし」を飲んで体調管理をするという石田。

 

 

「白湯を飲んだりもしますが、だしの方が効くんです」と雑誌のインタビューでは語っていた。

昆布やかつお節でだしをとっては冷蔵庫にストックしているそう。

 

料理も「だし」をうまく使うことで、お醤油や砂糖の量を調整することができる。

 
 
 

つまり、塩分の過剰摂取を抑えられるのも健康にとっては好都合である。
また、「だし」にはアミノ酸も沢山含まれているので、美肌効果にもつながるそう。

 
 
 

ある日は、豚肉の塊をりんごとイチジク、出汁と調味料で煮込んだそう。