【2017速報】上戸彩の離婚は白紙!その真実はHIROとの弾丸LA旅行で関係修復の兆しが

女優の上戸彩(31)と夫・HIRO(47)が、

1月29日に、ロサンゼルスから揃って帰国した。

 

今回は上戸彩の両親も含めた家族旅行。

 

一時は離婚危機と言われていた二人なだけに、
今回のLA旅行は関係修復のためのものか、と言われている。

 
 
[sp]
スポンサーリンク

[/sp]

[pc]
スポンサーリンク

[/pc]
 

3泊5日のロサンゼルス旅行から笑顔で帰国!

 
 
 

1月29日(日)の早朝4時41分。
羽田空港に、ロサンゼルスからの直行便が到着した。

 
 
 

到着口から最初に出てきたのは、
EXILEのプロデューサーであるHIRO。

 
 
 

女優、上戸彩とのあいだに出来た
女児を抱きながら颯爽と歩いてくる。

 
 
 

その後ろには黒のスウェットパンツに白のパーカーを着て、
マスク姿の上戸彩が歩いてくる。

 
 
 

HIROは自分の子供を終始大事そうに抱っこし、
上戸彩は年配女性と楽しそうに話しながら歩いており、
 
みな終始リラックスモードだった。

 
 

ちょうどその場に居合わせた旅行者は、
「本当に仲のいい家族」という印象を受けたそう。

 
 
 

家族の絆を取り戻すための弾丸旅行

 
 
 

今回の旅行について、
上戸彩の知人にインタビューをしたところ

 
 
 

「もう一度家族の絆を深めるための旅行」

 

であったことがわかった。

 

3泊5日というバタバタな旅行ではあったが、
リラックスして終始笑顔だった様子から見ると
今回の旅行は成功だったと思える。

 
 
 

「上戸さんが中野のマンションに住んでいた実のお母さんを、
上戸さん夫妻が住む近くのマンションへ呼び寄せたんです。

 

 
それは、女優と子育ての両立をするために
お母さんの力を借りるというよりは、
 
慣れない育児の負担を減らすためです。

 
 

 
それで少し自分自身に余裕ができて、
ちゃんと冷静に周りを見れるようになったんです。

 
 

 
それで改めて忙しく働きまわっているHIROさんを
自分がきちんと支えていかないと、と思ったそうです。」

 
 
[sp]
スポンサーリンク

[/sp]
 

世界で活躍する夫を「支えたい」という上戸彩の決断

 
 
 

今回の旅は、HIROが先にロサンゼルスへ飛び、
現地で上戸彩と合流したそう。

 
 
 

なぜHIROが先にロサンゼルスへ行っていたかというと、
それはEXILEのダンススクール「EXPG」を
新たにロサンゼルスにも開講する予定があるのでその下見があったそう。

 
 
 

今後は日本だけでなく、
アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどにも拠点をおき、
世界規模で事業を展開することをHIROは発表している。

 
 
 

ディズニーやユニバーサルスタジオジャパンのように、
世界中の人が楽しめるエンタテインメントを生み出せる会社にしたい、

 
 
 

と話しているHIROなだけに、
今回のロサンゼルスへのスクール開講には気合が入っている。

 
 
 

そういって世界中を走り回っているHIROを、
後を追ってまでも行くということは、
上戸彩なりにHIROを支えていきたいという気持ちがより強まったからだと関係者は言う。

 
 
 

上戸彩が、お母さんと子供も一緒に連れて行った

 
 
 

しかし今回の旅行は
お母さんと小さい子供も弾丸ながら一緒に連れて行っている。

 
 
 

それは、
「私だけでなく、子供も母も一緒にHIROを支えるよ!」という
気持ちを行動で伝えたかったからでしょう。

 
 

実際にHIROの現地下見という仕事も入っているので、
目の前で事業が進んでいくところを目の当たりにするわけである。

 
 
 

「こんな大規模で素敵なプロジェクトなら、家族で支えないと」

 
 
 

と上戸彩、そしてお母さん自身も改めて思ったことであろう。

 
 
 

HIRO自身も今回の旅行は忙しい合間をぬって
強行突破で計画をしたそうなので、
お互いの気持ちを確かめあういい機会になったのでしょう。

 
 
 

そしてそのロサンゼルスでの絆再修復の成果は、
帰国後のHIROや上戸彩らの
リラックスした穏やかな笑顔が物語っているのであろう。

 
 
 

HIROの会社の発展、そして上戸彩らの今後の活躍に注目していきたい。

 
 
 

コメントは受け付けていません。